家族葬の増加と仏教離れ

葬儀は、時代の生活水準と宗教観を如実に表すと言われ、宗教に傾倒している時代には貧富の差も無く一律宗教の教義に従って葬儀が行われ、生活水準が低い時代には宗教観よりも生活が優先され遺体は粗末に打ち捨てられる事も少なくないと歴史が証明しています。

増加する家族葬と葬儀業界

葬儀は、コミュニティーの誰が亡くなると長が音頭を取りコミュニティー全体で行い、地域の宗教観や死生観、宗教的儀礼の風習などを体験し次の世代に受け継がれて来ましたが、集団就職などで都市圏に人口が集中してしまった団塊の世代は宗教的な意識が非常に希薄とされ、家族葬や直葬、0葬などのコンパクトな葬儀を望む傾向が非常に強くなっています。

本当の葬儀の意味をなす家族葬のメリット

家族葬は、従来故人の最後の晴れ舞台として必要以上に盛大に行われていた葬儀が不景気の影響をモロに受けてしまった結果、参列者を家族や親族だけに削減し葬儀の為の祭壇や棺なども標準的なランクな物に抑えて行うコンパクトな葬儀です。