ハイヤーのドライバーには安全運転が求められる

subpage01

ハイヤーのドライバーは、常に乗客が入れ替わる街のタクシーとは事情が異なります。

利用する客は日本の政財界で大きな影響力を持っている大企業の役員や経営者だから、通常のタクシーよりも繊細な運転をすることが必須です。

有名なハイヤーのドライバーに関しての関心度が高まっています。

忙しいので車内で仕事を進めるケースも珍しくなく、乗っていて不愉快にならない運転を心がけるのが基本となります。



具体的にハイヤーのドライバーに要求される安全運転の基準は、タクシー運転手として優秀と表彰されるレベルです。
実際に社内の研修ではタクシー乗務が含まれており、ひとまずタクシー運転手として勤務するパターンもあります。
ハイヤーのドライバーは会社の顔だから、単発の仕事であっても任されるまでには厳しい審査を突破しなければいけません。


決められた時間に指定のルートを往復する業務でも、渋滞の時に迂回するルートを調べておく等の工夫が必要です。



大変な業務である反面、顧客に気に入られれば指名による継続的な仕事を得られます。

ハイヤーのドライバーを募集している求人に掲載されている給与の金額は、地道に実績を積み上げていけば到達できるラインです。車の中で長時間一緒にいる関係から、清潔感があるといった感覚的な要素も評価項目に入っています。
高級ホテルの従業員のように礼儀正しい態度であるのも、ハイヤーのドライバーに欠かせないスキルです。

普段から教育された社員に囲まれている役員はよく人を見ているので、接客の経験もあった方が好印象を与えられます。