ハイヤードライバーは

subpage01

今ではあまり聞かれなくなったハイヤーという言葉。


一般的にタクシーと言う呼び名が普及しています。

厳密な違いはないようですが、ハイヤーは営業所を拠点とした動きで車を移動させるという決まりがあるため、基本的に営業所を通じての予約となるようです。
なので、タクシーの場合には、駅前で順番に待機し、その場で客を乗せたり、あるいは街を走っている最中に客を拾ったりなどできるのです。ハイヤーはある意味無駄な燃料を使わず決まった動きをするため、偶然の儲けはないものの、損益もないといった幹事でしょうか。

ドライバーは中高年以上の男性が圧倒的に多いようです。

しかし、最近では女性、しかも比較的若い女性ドライバーも増えているようです。
ハイヤードライバーは、タクシーより危険が少ないとも言えます。


予約が基本で客が限定できるから最近のニュースでよくみられるような強盗や酔っ払いによる暴行被害などに遭う確率も少ないと言えます。

ハイヤーのドライバー技術のご紹介です。

個人営業のできるタクシーと違い、営業所の規範に従い動く面倒さはあるものの、安全であり顧客からのニーズも高いのです。



長引いた不景気の時代、リストラされタクシーやハイヤーのドライバーになった人も数多くいました。



料金設定はおおよそきちんと明記されているため、トラブルもありませんね。


自営業はしっかりした経営理念がないと成りたちません。


車に人を乗せるという仕事はまず安全でなければならない、それはしっかり心にとめておきたですね。