家族葬の増加と仏教離れ

葬儀は、時代の生活水準と宗教観を如実に表すと言われ、宗教に傾倒している時代には貧富の差も無く一律宗教の教義に従って葬儀が行われ、生活水準が低い時代には宗教観よりも生活が優先され遺体は粗末に打ち捨てられる事も少なくないと歴史が証明しています。 Continue reading 家族葬の増加と仏教離れ

ふるさとから遠い人におすすめの家族葬

葬儀というのは亡くなった人をあの世にお見送りするさいごのセレモニーですので、会社の上司、同僚、学校の先生、友だち、近所の人々などが総出で参列するというのがふつうになっています。 Continue reading ふるさとから遠い人におすすめの家族葬

家族葬の増加に伴う葬儀業界の変化

家族葬は、1950年代の大都市圏への急激な人口集中に起因する宗教意識の変化に加え、少子高齢化による家族構成の核家族化や長く続く経済不況などの解決不可能な社会問題が引き起こした変革と言えます。 Continue reading 家族葬の増加に伴う葬儀業界の変化

増加する家族葬と葬儀業界

葬儀は、コミュニティーの誰が亡くなると長が音頭を取りコミュニティー全体で行い、地域の宗教観や死生観、宗教的儀礼の風習などを体験し次の世代に受け継がれて来ましたが、集団就職などで都市圏に人口が集中してしまった団塊の世代は宗教的な意識が非常に希薄とされ、家族葬や直葬、0葬などのコンパクトな葬儀を望む傾向が非常に強くなっています。 Continue reading 増加する家族葬と葬儀業界