お葬式の服装について。

親族や知人などの不幸によるお葬式やお通夜は突然にやってきます。

いつ起こるか解らない葬儀への参加で困ることと言えば服装です。普段着のままの参加は良くありません。しっかりと着替えて参列しましょう。どんな格好で行けば良いのか解らないという方は、こちらを参考にしてみて下さい。まず男性は基本的に黒いスーツスタイルです。ストライプやチェック模様が入っていない、黒のシンプルなスーツを用意してください。中に着るワイシャツは白いシンプルなものが良いでしょう。こちらも柄が入っていない、真っ白のものが基本です。

ネクタイは黒色です。スーツ売り場で必ず置いてありますので、一本購入し、会社のロッカーなどに掛けておくと、いつでも参加できますのでお勧めです。女性も黒のワンピースやスーツが基本です。アクセサリーも無しで大丈夫ですが、真珠のネックレスを付けるなら一連のものでなくてはいけません。二連のネックレスは、不幸が重なると言われており縁起が悪いです。お子様も一緒にお葬式に参列する場合は、服装に困ってしまいますが、中学生や高校生なら制服を着用しましょう。

小学生以下のお子様は、特に厳しい服装のきまりはありませんが、黒系で落ち着いた色合いのシャツやパンツ・ワンピースなどを選ぶと間違いありません。あまり模様や柄が入っていないシンプルな服装を心がけましょう。幼稚園児なら幼稚園の政府がお勧めです。ショッピングセンターなどに行くと、喪服売り場は必ず存在します。普段から、いつお葬式があっても困らない様に、準備しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *