お葬式の時のお香典について

お通夜とお葬式と両方に行く場合、お香典をいつもって行けばよいか迷ったことはないでしょうか。

基本的に、お香典というのはお通夜かお葬式にもって行くものとされていますので、いつでも構いません。しかし、両方に出るのであれば、最初の弔問の時、つまり、お通夜のときに持参する方が一般的でしょう。まず、お通夜に出向いたら受付で記帳をし、そこでお香典を渡します。この時、お香典はふくさに包んで持参するのがマナーです。「どうぞ、ご霊前に」という言葉を添えて、両手で差し出します。次の日のお葬式に参加する場合はすでにお香典はお渡ししているのですから、記帳だけを行います。

記帳は誰が参列してくださったかを遺族が後で知るためのとても大切なものですから、両方に出席する場合でも、お通夜の時に記帳したからいいと思わないように、お葬式の際にも忘れずに記帳しましょう。その時は必ず住所とフルネームを書くようにします。もしも、病床にあったり、遠方にいてやむをえない事情でお通夜やお葬式に参列できない場合、お香典を郵送して送っても構いません。ただし、郵送する場合はできるだけ四十九日の間に送りましょう。

送るときは現金書留の封筒に不祝儀袋を入れます。表書きなどは葬儀に持参するときのように書きます。四十九日を過ぎてから先方の不幸を知った時は、その次の法要、一周忌のときに送ります。その際には「御霊前」ではなく、「御仏前」になります。くれぐれも、現金書留に現金だけを入れて送るのは相手に失礼になるのでやめましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *