家族葬とセットプラン

現在の葬儀業界は、経済問題や少子高齢か問題による墓制の崩壊、無宗教との更なる増加などにより、故人の輪廻転生を願う仏教式葬儀のビジネスに対する疑問や不満が大きくなっており、葬儀業界の黒い部分が世に知られた事もあり葬儀規模を縮小した家族葬に加えて、葬儀すら行わない直葬やゼロ葬が急増しています。

この傾向は、団塊の世代の葬儀が増える将来には更に顕著な傾向として現れるとされています。団塊の世代は、コミュニティー全体で行われていた葬儀を数多く経験する前に集団就職するなど宗教的儀礼と触れ合う機会が少なかった為、宗教儀礼の意義や必要性などの宗教意識が非常に薄いので葬儀を軽んじる傾向が強くなりますが、世界でも指折りの無宗教国家である日本国民の民族性に照らし合わせれば、至極当然とも言えます。

しかし、家族葬は一般葬と同様に通夜及び葬式を行うので故人的にも遺族的にも何の問題もなく、経済的問題を解決できる点では、現代社会には最も適した葬儀形態とも言えます。その為、葬儀業界では古くなった大型の葬祭会場や新規の葬祭会場を小型施設に変更しているだけでなく、家族葬のメリットを前面に押し出したセットプランが多くなっています。

又。葬儀後に大きなトラブルになっていた追加請求を一切排除した安心プランが主流となっています。しかし、価格がリーズナブルになればなるほど悪徳な業者が増えるので、自分で業者を見極める必要があるとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *