家族葬を選択するメリット

最近では家族葬の人気が高まっています。

これは従来の一般葬と様々な点で異なり、現代の人に合ったメリットが多いからだと考えられます。まず、精神的や体力的に負担が軽くなります。一般葬では故人の知人、友人以外にも会社の人やご近所の方が参列することが多かったです。家族葬であれば参加するのは家族と三親等以内の親族、故人と本当に親しかったごく一部の人のみとなります。ですから、参列者への気遣いに追われることがなく負担が少ないのです。

次に故人を偲ぶためのゆったりとした時間を得ることができるというメリットがあります。これも参列者が少ないため、挨拶回りなどでバタバタせずに済むことからゆっくりと故人のお見送りが出来ると言えます。そして、一般の方へのおもてなしの必要がないため、受付や会葬返礼品の準備をする必要がありません。なかには香典収入が少ないと感じる人もいます。参列者が少なければそれだけ香典収入は少なくなります。

しかしながら、香典を頂くということはその分お返しも必要になってきますし、食事の準備や葬儀の規模の拡大など葬儀の費用自体がかさみます。香典収入がなくとも、家族のみの小規模な葬儀であれば費用自体はかなり抑えられます。つまり、金銭的なデメリットがありません。このように家族葬を選択することにはたくさんのメリットがあります。故人とのお別れがきちんとできるかどうかを念頭に置いて、家族葬も検討してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *