友人の家族葬の席でスピーチをする長所と短所とは

友人の家族葬の席でスピーチをすると、遺族が喜ぶ、家族に褒められる、会社での話のタネになるなどの長所があります。

スピーチをした内容が参列者達の同情を誘うと、遺族や親族達が拍手をしてくれます。その中には、感動のあまり泣きだしてしまう人もいるかもしれないです。また、家族に家族葬儀のことを話すと、よくやったと褒めてくれるはずです。自身が家族葬で何をしたのか、またどんな発言をしたのかを正確に家族に教えると喜んでくれます。友人が幼馴染だった場合は、写真を頂いておきましょう。

部屋の中に写真を置いて飾れば、いつまでも記憶に残ります。あと、会社で告別式のことを話すと、珍しい出来事なので噂として広まります。頼りない人と目されていた時は、いざという時に活躍できる人と認識を改めてくれるはずです。短所は何を話せばいいのかわからない、気持ちが舞い上がってしまい言葉が出ないなどです。話す内容が頭に浮かんでこない時は、友人と初めて出会った時のことを思い出すといいです。

幼馴染だったのなら、子供の頃のエピソードがいくつもあると思われます。ただ、いたずらをしていた時の話は、話しやすいのが特徴ですが後々笑いのタネにされるので注意です。また、気持ちが舞い上がってしまい、言葉が出なくなるのはよくあることです。手の平に人という字を書いて飲む仕草をしたり、深呼吸をすれば自然と気が楽になります。頭の中で何らかの音楽を思い浮かべるのも良い手法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *