ふるさとから遠い人におすすめの家族葬

葬儀というのは亡くなった人をあの世にお見送りするさいごのセレモニーですので、会社の上司、同僚、学校の先生、友だち、近所の人々などが総出で参列するというのがふつうになっています。

地方によってはですが、いまでも自治会や隣組などの近隣どうしで葬儀の手伝いをする風習がのこっていることもあり、いきおい豪華なものとなりがちであるといえます。しかし、就職や進学のためにふるさとをはなれて遠くに引っ越して、そこで世帯をかまえた人の場合は、そうした地域のつながりがないことがほとんどであり、先祖代々の菩提寺なども近くにあるということもありません。そこで、最近ではこうした層をメインターゲットとして、家族葬のような葬儀のあたらしいサービスがはじまっています。

この家族葬というのも、文字をみてもわかるとおり、亡くなった人の家族だけ、あるいは参列したとしてもせいぜい親戚、親しかった友人程度といった、かなり小規模なグループだけでの葬儀を行うというスタイルのことを指しています。家族葬の場合、式場は大きなものは必要がないため、たいていは、葬儀社が自前でもっているセレモニーホールの一室で、家族葬にふさわしい程度のしつらえがあるところで行います。

もちろん、自宅でよいという場合には、自宅でとりおこなうということもあります。いずれにしても、小規模であるために、あまり人目を気にせず、亡くなった人の希望どおりのセレモニーにしやすいといったメリットや、費用が安いといったメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *