急増するコンパクトな家族葬

家族葬は、読んで字の如く限られた身内だけで故人との思い出を偲び、故人の冥福を祈る小規模な葬儀です。

一般的に葬儀に比べて通夜や葬祭会場の使用料、会葬者への返礼品や振る舞い料理、精進落とし料理などの費用が数分の1に節約出来るだけでなく、会葬者が限られているので必要以上に気を配る必要がないので、遺族の精神的負担や肉体的負担が非常に少ないメリットもあります。しかし、会葬者を限定する為に選び方に気を付けないと葬儀後に大きな誤解を招き今後の人間関係に大きな影を落としてしまう危険性があります。

家族葬自体は、現在の真っ暗な経済状況の影響で増加するだけで無く、高齢者の約9割弱がコンパクトな葬儀を希望している現実もあり、経済的に喘ぐ消費者のニーズに最も適している葬儀とも言えます。葬儀は、医療機関の紹介する葬儀業者によって行われる事が一般的ですが、葬儀業者から医療機関へのバックマージンの上乗せや葬儀業者に誘導され必要以上のランクアップをさせられてしまい、非常に高額な葬儀費用を請求されるケースがほとんどです。

しかし、現在では葬儀業界の裏側や相場を消費者が良く知っている為、医療機関の紹介業者に主導権を握られること無く安価な家族葬を依頼する遺族が増えています。また、インターネット上で家族や高齢者が事前に家族葬の生前見積もりを手に入れているケースが多く、医療機関の紹介する葬儀業者を断るケースも非常に多くなっています。
市川の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *