肌やうなじに出来たニキビケアの方法とは

ニキビは主に顔に出来るものですが、時に、頭皮やうなじなどに出来ることもあります。ニキビは、10代の思春期のみならず、おとなニキビなどと言われるように、20代以降、社会人になっても出来る時もあります。その原因は、毛穴が何らかの理由で詰まってしまうことにあります。10代のニキビは、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まったところにアクネ菌が繁殖することが原因であるのに対し、大人ニキビは、肌の新陳代謝が悪くなり、古い細胞が剥がれず、そのまま残ることで、肌が厚くなり毛穴が詰まることにより起こります。このように、肌に出来てしまったニキビケアで大切なことは、まずやさしく洗顔をして、肌を清潔に保つことです。洗顔料を手の平で泡立て、たっぷりの泡で、やさしく顔を包み込むように洗います。洗い流す時にも、水かぬるま湯で、ゴシゴシとこすらずに、すすぎ残しがないように注意をしながら流します。また、タオルで、顔を押さえるように、やさしく水滴を取っていきます。その後、ニキビケアに最適な化粧品を使用し、しっかりと肌を保護します。その他にも、十分に睡眠をとる事や、ビタミンを食事で積極的に摂るようにすること、ストレスを溜めないようにすることなどが効果的です。また、うなじに出来てしまったニキビケアの方法としては、シャンプーやトリートメントなどのすすぎ残しが原因と考えられます。そこで、洗髪の際には、後頭部から首にかけてまで、しっかりと洗い流し、シャンプーが残ることのないようにします。そして、枕カバーを清潔に保つことも大切です。枕カバーは、毎日のように、うなじが触れる部分でもあるため、出来る限り毎日交換するようにします。