コラーゲンの使い道はお肌や肛門にもあります

コラーゲンと聞いて、すぐに思い浮かぶのが、プルプル感だと思います。お肉屋お魚にはたくさん含まれており、お肌に良いとされており、美容形成外科でもよく使われています。美容形成では口もとや目元などにコーラゲンを注入して、皺を隠したり、お肌の弾力感を増せたりします。最近では、人工コラーゲンが作られており、潤いもあって、半永久的にもつと言われています。また生産コストも安いので、安くで購入することができます。このようにコラーゲンの用途は主として美容形成など医療の分野でよくつかわれてます。また人工肛門をとりつけるさいにも、取り付け個所に人工コラーゲンを注入して接続しやすいようになっていますので、人工肛門に違和感を覚えることはほとんどないです。このように医療の分野で大きく使われていることで患者のQOLが向上しているのは間違いないです。まさにコラーゲンさまさまなのです。
医療の分野だけではなく、食品分野でも大きく進歩しています。食べるコーラゲンということで、コラーゲン不足に悩む現代人にとってコラーゲンは必要不可欠です。特に若い女性の間で、食べるコラーゲンが静かなブームです。菓子類や野菜、惣菜といったものに混ぜてあって食べるのです。食べている本人はコーラゲンというものにまったく違和感がないということです。コーラゲンと取ることで肌がすべすべになったとか、若がったみたい、といった声が多いのも事実です。このように食品業界にも大きく進出してきています。これからまだまだ伸びていくでしょう。ここでも驚きですが、肛門に初めてつかった手術をしたのは日本人です。某私立大学医学部の外科医です。日本人はほんとうに偉いですね。