ハイヤードライバーの仕事内容

ハイヤードライバーの仕事内容

subpage1

ハイヤー(hire)とは‘貸切り’の意味を持つ言葉ですが、車両とドライバーを一定の時間貸し切って運行するタイプの旅客自動車です。

お手軽のハイヤーのドライバーはとにかくお勧めです。

料金は一時間あたりいくらの時間制料金もしくは契約料金になります。主な仕事内容としては、ゴルフ場送迎、空港送迎、ホテルのゲストの送迎、企業の役員の送迎などです。
ハイヤーはタクシーのようにただ目的地へ送るだけの乗り物ではなく、お客様に車内で自由に快適に過ごしてもらうことを目的にしています。



仕事の書類を読んでもらったり、携帯で電話をしたり、パソコンで仕事したり、ゆっくり仮眠をとってもらうのも良いでしょう。ドライバーは快適な車内空間を保つため気を配らなければなりません。
それにはお客様に安心してもらえる優しい運転が大切です。



アクセルやブレーキ、ハンドルワークを丁寧にし、急のつく動きは避けるように運転しないといけません。
車内ではお客様との会話は最低限のものに留めます。

お客様に自由に過ごしてもらうため余計な気を使わせてはいけません。

ハイヤードライバーの給与は、基本給+早出・残業代+諸手当になります。

基本給は安い会社が多く、早出や残業で稼ぐことになります。
8時〜17時が基本時間で、それより早いか遅い時間に早出・残業代が支給される場合と、働き始めた時間から9時間から10時間以降の時間に残業代が支給される場合とがあります。ハイヤーの仕事は朝早くから夜遅くまで働くことが多いので体調管理に注意した方が良いでしょう。

ハイヤーの乗務員についての考察

subpage2

今ではあまり聞かれなくなったハイヤーという言葉。一般的にタクシーと言う呼び名が普及しています。...

next

ハイヤーの乗務員の納得の真実

subpage3

ハイヤーは一般のタクシーとは違い、時間単位の貸し切りなのでメーターはついていません。タクシーのように流し営業は行わず、運転手は会社や営業所で待機して要請があったときに派遣されるというのが特徴です。...

next

ハイヤーの乗務員の情報分析

subpage4

ハイヤーのドライバーは、常に乗客が入れ替わる街のタクシーとは事情が異なります。利用する客は日本の政財界で大きな影響力を持っている大企業の役員や経営者だから、通常のタクシーよりも繊細な運転をすることが必須です。...

next

ハイヤーの乗務員について思うこと

subpage5

首都圏ですと、ハイヤーのイメージは営業所に乗車依頼をして、指定した場所まで迎えに来てもらい指定した場所まで送り届けてもらうサービスだと思っている人が多いかもしれません。都内を走行しているタクシーと大きな違いはそこです。...

next