家族葬の増加と仏教離れ

葬儀は、時代の生活水準と宗教観を如実に表すと言われ、宗教に傾倒している時代には貧富の差も無く一律宗教の教義に従って葬儀が行われ、生活水準が低い時代には宗教観よりも生活が優先され遺体は粗末に打ち捨てられる事も少なくないと歴史が証明しています。